スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完成!Vダッシュガンダム

風邪気味でテスト受けるのは堪える…。(´;ω;`)

まずはリンク先巡回から~。

・クロウのガンプラ製作日記様がHG改造 神威がくぽガンダム のレビューをされておられます!
・ホビーの虜様がHGUC ギラ・ズール(親衛隊仕様) のレビューをされておられます!
・ジャアの気ままなGUNPLIFE様がHG ガンダムハルート のレビューをされておられます!



えー、学年末考査も前半が終了しまして、少し余裕が出来たので更新している次第に御座います。
本日は、何だかんだで予定より掲載が遅れたVダッシュガンダムの完成レビューでもしようかと思います。これ以上遅れるのは、ROBOT魂の方に先を越されるという事でもありますので。(汗)
モチベーションが盛り下がってしまったので記事がやっつけ気味ですが、どうかお一つ。(^^;)

続きは追記にて!




Vダッシュガンダム 1

Vダッシュガンダム 2
まずは素のVガンダムで前後から。少し腕周りの主張が強い気がしますが、遊んでいたら気にならないレベル。

V(ヴィクトリー)ガンダム
リガ・ミリティアが活動の象徴として「ガンダム」の復活を企図し開発した可変合体型汎用MS。ミノフスキー・フライトにより高い飛行性能を持つ。資金・人材の不足から汎用性が求められ、実働に必要な人員が少ない形で整備可能なシステムも確立されている。頭部を内蔵するコア・ファイター、上半身のトップリム、下半身のボトムリムより成る。コア+トップで2丁のビーム・ライフルとビーム・シールドを使用可能な重戦闘機トップ・ファイター、コア+ボトムで最大4基までビーム・ライフルを装備可能な攻撃機ボトム・ファイターとして運用が可能である。


可動範囲の方ですが、上半身の可動は問題無いです。肘は90°曲がるし腰も少し引き出せば360°回ります。ただ、下半身の可動は望めません。開脚は40°程度で、膝も70°程しか曲がりません。接地性も良くないので付属のスタンドは手放せません。
又、股関節はポリ同士で接続しているので今一つ安定性に欠けます。改造しようにもVフレームがネックとなりかねないので工夫が必要。他に腕が胴体から外れ易いです。(汗)
ですが造形自体はかなり良い線をいっているので、旧キットの入門用にはベリーグッド。付属品も多いしね。(笑)

続いて武装です。

Vダッシュガンダム 8
Vガンダムの主武装であるビーム・ライフル。

ビーム・ライフル
マニピュレーターだけでなく、機体各部のハードポイントに装着しての使用も可能なビームライフル。グリップ周辺が分離してビーム・ピストルとしての運用も可能(威力・射程は大幅に下がる)。このビーム・ピストルはV2のビーム・ライフルにも使用される。


反対側には少々肉抜き穴があるのですが、面倒なので埋めませんでした。キットでは、スコープ(?)や銃口のディテールも省略されています。
又、反対側には突起があり、Vガン本体やオーバーハングキャノンには多くのハードポイントがあるので、ライフルを好みの位置に取り付ける事が出来ます。


Vダッシュガンダム 11
左側二つはビーム・サーベル、右側のはビーム・シールドです。

ビーム・サーベル
前腕内部に2本、両腕合わせて4本装備する。出力を上げる事で扇状のサーベルとしても運用可能。又、2本を十字に組んで手裏剣としての運用も可能である。


ビーム・シールド
ビームを面状に展開し、敵の実弾・ビームから機体を守る。発振器の根元や腕の関節等を可動させる事で防御方向を自在に変えられる。


サーベルはアクションポーズ用(真っ直ぐの)と決めポーズ用(しなっているの)の二種類が付属しています。親切な仕様ですね!(グリップを塗り忘れました…。orz)
シールドも、結構凝ったディテをしています。少し曇っているのは、私が1200番までペーパー掛けをした後に光沢スプレーを吹いたから。全然光沢じゃねえぇぇ!
もっと細かいペーパーで磨いた方が良いのかしら。。。



Vダッシュガンダム 3

Vダッシュガンダム 4
頭部を交換する事で、Vガンダムヘキサにする事も出来ます。

Vガンダムヘキサ
頭部を交換し通信・索敵性能を強化した形態。ヘルメット部分を交換する事で従来のV字アンテナ型も使用出来る。月面生産型に限り足の甲が青く塗装されている。




Vダッシュガンダム 5

Vダッシュガンダム 6
更にバックパックを交換する事でこのキットのメイン、Vダッシュガンダムにする事が出来ます!

Vダッシュガンダム
背部メインスラスターをオーバーハングパックに改装した形態。ヘキサでも改装可能。火力や機動力が大幅に向上されている。




Vダッシュガンダム 7
当然Vダッシュガンダムヘキサも再現出来ます。

オーバーハングパック
ブースターに大型ビーム砲「オーバーハングキャノン」を2門取り付けた追加ユニット。コア・ファイターの性能強化にも一役買っている(この形態をコア・ブースターと呼ぶ)。このビーム砲は手持ち武器としても使用可能である。


実はキャノン砲の配色パターンを間違えました。塗り直すのも億劫だったのでそのまま作っちゃい(ry



Vダッシュガンダム 9
ダッシュ形態での主武装、メガ・ビーム・ライフルです。

メガ・ビーム・ライフル(ビーム・スマートガン)
コスモ・バビロニア建国戦争時代(ザンスカール戦争の30年前)に開発されたといわれる高出力ビーム・ライフル。その性能は現行兵器と比べても遜色無い。「物干し竿」の愛称が付けられている。


センサー部分はシールも何も無いので、付属シールの余白部分を切り取って再現しました。


Vダッシュガンダム 12

Vダッシュガンダム 13
製作が省かれる事の多いコア・ファイター。自分も危うく作り忘れるところでした。(^^;)

コア・ファイター
名の通り本機のコア。センサー類が集中しており動力源であるミノフスキーフライトを搭載している。量産可能なトップ/ボトム・リム以上に高い技術とコストが掛かっている。トップ/ボトム・リムは簡易無線で、或いは自動随伴させる事が出来る。その為、ボトム・リムを多数随伴させて「ブーツアタック」を連続で仕掛ける事も可能。


余談ですが、オーバーハングパック、メガ・ビーム・ライフル、コア・ファイターは全て白色で成型されています。塗装と覚悟は必須。(苦笑)

Vダッシュガンダム 14
嬉しいのは、クリア成型でスタンドが付属している事。デフォルトでスタンド付属とか親切過ぎる!
角度の違う2本の支柱の先端は球体になっていて、Vガンとの接続パーツにポリキャップを使うので、SEEDスタンドよりも使い勝手が良いです。本当に親切。

Vダッシュガンダム 15
「V-DASH」と印刷されたシールも付属しています。中々イカしていますね~。

他にスタンドに接続出来る背景カードが付属しているのですが、取り忘れました。orz



以下、数点アクション!



Vダッシュガンダム 16

Vダッシュガンダム 17

Vダッシュガンダム 18

Vダッシュガンダム 19

Vダッシュガンダム 20
今一つ迫力に欠ける。。。

Vダッシュガンダム 21

Vダッシュガンダム 22

Vダッシュガンダム 23

Vダッシュガンダム 24
箱絵風のポーズで〆。以上、1/144Vダッシュガンダムでした!

冒頭でも書きましたが、20年位前のキットなのに凄くクオリティ・プレイバリューが高いです。可動や色分けは最新キットに譲りますが、造形は(顔以外)今でも十二分に通用します!
丁寧に合わせ目を処理して、丁寧に部分塗装をするだけでも納得のいく出来に仕上げる事が出来るので、買って損はありませんよ。(^^)



さて、V2ガンダムも同時購入した訳ですが、どうにも足首に癖があるみたいですね。殆どノリで買った様なものなので保留するという選択肢も…。(えー)
オラモノ2もありますし、グリープも作りたいしなぁ…。近い内にある程度、オラモノ2の目途は付けたいところ。
スポンサーサイト
FC2カウンター
プロフィール

アイグラス

Author:アイグラス
職業…学生
趣味…やっぱりガンプラ

サボり癖が酷くなった!

コメント・トラックバックをお待ちしております。相互リンクの際には、一言コメントを頂けると有り難いです。
相互リンク欄につきましては、失礼ながら敬称を省略させて頂きます。m(_ _)m

生きてはいるので、復活するまで温かく見守って頂ければ幸いです。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。